無申告

個人事業主や独立して起業している場合は、毎年確定申告の必要があります。一定の収入がある場合は、必ず期限内に税務署に対して確定申告をしなければならず、税金が生じる場合は所得税や法人税の納税義務があります。但し、税金にも時効が存在します。確定申告書を期限内に提出している場合は、申告期限の翌日から換算して3年で時効が成立します。この場合は無申告ではないため、時効期間が短めになっています。一方、確定申告書...

日本の税制では会社から源泉徴収されているサラリーマンを除いて、所得のある人や法人は税務署に申告しなければなりません。つまり源泉徴収されているサラリーマン以外では所得があっても税務署に申告しなければ、税金を払わなくても済むのです。それゆえに無申告は究極の節税方法とも言われますが、実際には脱税か申告漏れということになります。もちろん税務署は無申告の摘発を行っていますが、ネットビジネスを展開している個人...

住民税とは都道府県民税と市町村民税のことを指します。税額は各人の所得を元にした「所得割」と全員が均等に支払う「均等割」で算出される形です。その用途はその地域における行政サービスへと割り当てられます。例えば教育や福祉、ゴミ処理といった社会的なインフラへと住民税は使われているということです。確かにその土地の住民としてそうしたものを利用しているわけですから、支払うのは自然なことといえるでしょう。ただ次第...

納税は日本国憲法で定められた国民の義務です。すべての国民に等しくこの義務は課せられています。ですから誠実に納税の手続きを行っている人と納税の管理が行き届かず納税期限に間に合わなかった人への対応が同じであることは公平であるとは言えません。それでは国民が義務を果たす意欲をそいでしまうことにもなるでしょう。そうしたことにならないためにも、うっかり納税の手続きを忘れてしまった人に対してのペナルティがあるの...

法人登記を行った会社であっても、極端に売り上げが少ない場合や全く売り上げがない状態では、会社を維持するためのコストが嵩むばかりです。法的には存在するものの活動停止した会社を一般的に休眠会社と呼びます。会社を休眠会社に移行するのに法的手続きを行わず、無申告で休眠会社にするケースが見受けられますが、実は会社を休眠させる際には税務署や都道府県の税事務所などへの申告義務が存在し、無申告で休眠会社にしてしま...

毎年個人事業主やサラリーマンの方が必ず行わなければならないのが所得税などを納付するための確定申告です。納税は国民の義務であり、一定の所得がある場合所得税を支払わなければいけません。個人事業主などの場合は毎年年度末にその年の所得がいくらあったか税務署に申告して所得税を納付します。確定申告の無申告・所得税の未納が続くと税務調査の対象になります。

毎年、3月になると頭を悩ます方が多いのが確定申告です。特に、個人事業主の方やサラリーマンでも副業で一定の収入を得ている方であれば、お仕事の合間を縫って夜遅くまで申告の準備に追われた経験をお持ちかもしれません。そんな確定申告ですが、申告しなかった場合、どのようなことが起こるのでしょうか。

大工の確定申告は思いのほか大変です。一般的な大工さんに多いのが代金の支払い形式が独特で、確定申告に関する情報が少ないので、申告方法が分かりにくいということです。いまだに代金を通帳振込でなく、現金手取りで受け取っているという人も多いでしょう。それだけ昔から続く仕事の形が残っている分野でもありますし、納税に対するやり方も業界全体でやや曖昧で分かりにくいところがあります。とりわけ一人親方となると大変です...

自営業や会社を経営すると、毎年確定申告が必要になります。確定申告には白色申告と青色申告があり、青色申告の特徴としては、複式簿記で帳簿付けして控除の申請を期限内に出すと最高65万円までの特別控除が受けられる、赤字の年の損失全額を3年間繰り越せる、家族なら給料を全額経費として計上が可能(ただし、配偶者控除や扶養控除が受けられなくなる)、30万円未満のものを年間300万円まで一括で経費として計上が可能な...

確定申告とは所得税の総決算として、確定申告を行うべき人は申告の対象年度の翌年3月15日までに行わなくてはなりません。これを故意に、また故意でなくても行わなかった場合には3月15日の時点では無申告となり、ペナルティが課されます。一方で確定申告を行う義務はないが、確定申告を行うと税金が戻る還付申告を行う場合は、期限を過ぎてもペナルティはありません。主なペナルティとして無申告加算税と延滞税の支払いを求め...