税務調査記事一覧

税務調査にきた調査官が必ずと言っていいほど貸金庫の中を見たいと要求してきます。しかし貸金庫の中には誰にも見られたくない書類など税務調査にはまったく関係のないものが入っていることも多いのではないでしょうか。他人に見られては困るものを入れているときに税務調査だからと言う理由だけで貸金庫を開けて誰かに見られてしまうことは絶対に避けたいと思うのは当然です。ここで貸金庫を開けるのは困るという表情をすれば中を...

税務調査は、企業の財務担当者にとって決して喜ばしいものではありません。しかし、税務調査には、横領や着服などの不正を見抜くという効果もあり、適切な会計処理を促してくれるというメリットもあるのです。

領収書がない場合、「領収書に代わるものを提示できるかどうか」が1つのポイントになってきます。税務調査では、「収入の申告に漏れがないか」や「売上が正しく計上されているか」といった点が重点的にチェックされます。税金の額を正確に計算するためには、経費の金額がわかる領収書などの書類が必要です。商売を営んでいる人は、帳簿をつけることや領収書を保管しておくことが必要とされています。したがって、領収書がそろって...

一口に税務調査といっても複数の種類が存在しており、反面調査はその中の一種です。本調査先である会社に対し調査が行われる際に、その会社と関係を持っている取引先などにまで調査がおよぶことがあります。このとき、取引先などに該当するところに入る調査のことを反面調査といいますが、どういった特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

通常の税務調査は、会社の帳簿や書類などの確認を行います。しかし、それだけでは正確な情報が手に入らないと判断された場合、税務調査官は、会社の銀行や取引先などからも情報を集めることが出来ます。なぜなら、「国税通則法」という法律によって、税務職員は質問検査権(質問や帳簿書類を確認することができる権利)を持っているからです。そして国税通則法第74条の2には、納税者への直接的な調査はもとより、納税者と取引の...

事業主にとって「税務調査」というキーワードは、非常に頭が痛い問題ではないでしょうか?税務処理を適正に行っている事業所であっても、会社側と調査官との間に見解の相違が発生することは少なくありません。会社の税務処理の不正を疑いながら重箱の隅を突くようにこと細かに金銭の流れを追及してくる税務調査は、事業主にとって精神的にも時間的にも大きな負担となります。また万が一申告漏れが発覚した場合、取引先に反面調査が...

所得隠蔽の事例として、法人や個人が収入を隠すために銀行に「隠し口座」を作るケースがあります。事業で使用している銀行口座とは別の口座を用意して、その口座に事業売上の一部を入金することで、所得を隠蔽するというパターンです。会社名義ではなく個人名義の口座であるため税務署は調べられないと思われがちですが、実際はそうではありません。税務署の権限は非常に強く、個人名義の口座まで詳細に情報を収集することが可能で...

税務調査が入ると、様々な項目について調査官より調査をされますが、特に売上げついては重点的に調査をされる場合が多いです。売上を過少に申告していた場合は、売上等による収益から仕入や販売管理費等による費用を差引した利益が過少に申告され、法人税や所得税が過少に納付されている可能性があります。また消費税の課税事業者であれば、同様に仮受消費税が過少に申告され、消費税が過少に納付されている可能性があります。この...

確定申告をしてからなんらかの事情で税務署の税務調査が入る事があるのは確定申告をしている人なら多くの人がその可能性がある事は自覚しています。ですがその税務調査の中身については全く知らないという人がほとんどです。なぜなら確定申告をしている人の多くは何か確定申告で間違いがあって税務調査があってもその際には素直に修正申告をして終わるからです。なので税務調査ではどういう事があるかというのはほとんど知らないと...

事業をはじめたことなどをきっかけに、税務調査が行われる時期について気になるようになる方は少なくありません。予告なしに有無をいわさず行われるのかなど、あれこれ調べているうちに、ふといつ行われるものなのかと疑問に感じた方もいるでしょう。今回は税務調査の実施時期に関する情報についてご紹介しますので、興味のある方はご一読ください。

税務調査は、本来は納めなければならない税金が納められていない場合など、税務申告書類にミスや不正がないかどうかをチェックすることです。法人や個人事業主に対して税務署が行うものであり、聞き取りや調査を通じて不備が見つかった場合は修正を求め、未払いの税金が発生する場合は追徴課税が課されることになります。納税者が税務調査をされた場合は、売上や経費などを適切に申告しているかどうかを証明するため、業務上の領収...

税務調査の最大の目的はその会社や個人事業主の適正な税金を検査することです。ですから税務調査では税金を計算するのに必要なものを必要なだけ調査します。必要以上のものを調べることは決してありません。また、税務調査はほとんどが任意、つまり調べられる側が調査に同意をして初めて行われます。同意を得ずに調べる強制捜査もありますが、強制捜査をするケースは極めて悪質な所得隠しなどが疑われる場合などに限ります。税務調...

会社などが所得税や法人税の申告を行った際に、その内容が正しいかどうかを調査することを税務調査と呼びます。税務調査は、地域ごとに設置された税務署か国税局が行うのです。税務調査の種類は、2種類あります。そのひとつが裁判所の命令のもと強制的に調査を執行する「強制調査」です。また会社で雇っている税理士などの立ち会いのもと、調査官が調査することを「任意調査」と呼びます。強制調査は特別なもので、滅多に行われま...

納税者の税務申告に間違いがないかチェックすることを目的に、定められた流れにしたがって実施される調査を税務調査といいます。帳簿などの内容をもとに申告額の妥当性が検討され、問題があれば修正申告を行ったり、追徴課税を支払ったりしなければいけません。今回は調査がどのような流れで進行していくのかを解説させていただきますので、気になる方は以下の内容をご覧ください。

パソコンなどにデータが残っていない場合、税務署が復元まで行うかどうかはケースバイケースです。例えば、会社のお金を会計ソフトなどを利用して管理していたときには、データがないと税務調査そのものが難しくなります。パソコンのデータのほかに何も資料がない場合は、その年の税金の計算ができないため、税務署がデータを復元する可能性もでてくるわけです。ただ、専門機関に依頼してデータを復元するとなると、一定の費用がか...