休眠会社

会社によっては会社の経営が危うくなったりまた社会保険料や税金の負担が増えて滞納をしてしまっていて、それをなんとかできないかと考える事もあります。それで会社を休眠させる事で滞納分の税金や社会保険料をどうにかできないかという事を考える人もいます。では実際に支払うだけの余力がなくて会社を休眠した場合は滞納した税金や社会保険料の督促が来なくなるのかという問題ですが結論から言えば会社を休眠状態にしても税務署...

休眠とは会社の事業活動を一時停止し、休業をすることです。休眠会社とは休業することで会社を眠らせた状態になるので、廃業のように会社が消滅するわけではありません。会社は存続させたまま事業活動を停止することになります。つまり、登記はされていても長期間で経営されていない状態となり、目安として最後の登記から12年間が経過すると休眠会社として扱われます。

今ではなくなりましたが、過去には累積赤字会社を売買しての節税対策が流行りました。例えば、今期およそ2億円の黒字が見込まれる場合には今の法人税30%で計算すると約6,000万円の法人税が課されることになります。ここで節税対策として、1億5千慢万円の赤字を抱えている休眠会社などを買収することで、2億円の黒字から1億5千万円の赤字がマイナスとなり、課税対象の黒字を5,000万円まで抑えることで法人税を1...

会社というものは存在するだけでコストがかかります。代表的なコストが税金で、所得に対して課税される法人税や消費税などは売上のない会社には発生しませんが資本金額や従業員数などで課税額が決まる法人住民税などは納税義務が発生します。売上がゼロであっても会社として存在していれば一定額の税金は徴収されるので、不要な会社は休眠させるか精算する必要があります。きちんと手続きしないと余計な負担が発生し続けるのですみ...

以前と比べて会社の設立が容易になりましたが、維持するのは大変です。会社を設立させたが事業を行わないのに会社組織を存続させているケースもあります。売上や利益が無くても毎月社会保険料を負担する必要があり、税務管理や負担も大きくなります。そうした負担を減らすために会社を解散しようと考えますが、解散するにしてもお金がかかります。そこで、会社を解散せずに休眠状態にすることをオススメします。会社の解散に費用が...

休眠会社というのがあるのは多くの人が知っているかと思いますがその定義については今イマイチ分かっていない人もいます。では実際に休眠会社とはどういう会社の事かというと、それは建前上は法人として存在していても実際は全く事業活動を行っていない会社の事を休眠会社と言います。ではどうして事業活動を行っていないにもかかわらず法人として存続させているかというと、それは会社を畳むにはそれなりにお金が必要になって簡単...

役所に休眠届けを提出して長期間事業を停止している会社を「休眠会社」といいます。休眠期間中は一切の事業を行わなくても問題ありませんが休眠期感には上限が設けられており、いつまでも休眠会社のままでいることは認められません。今回は、休眠会社のみなし解散について解説します。

「休眠」という言葉通り、今現在は営業していない会社のことです。色々な会社が世の中にはありますが、どの会社も運営がうまくいくとは限りません。業績不振になり営業停止もせずにそのまま放置されてしまった会社、夜逃げ同然の状態で逃げ出し、そのままになっている会社などもあります。そうなると営業は全くされないので、そのような状態の会社を休眠会社と呼ぶのです。会社を設立する人は一から自分で立ち上げる人が大半ですが...

なんらかの理由で会社をたたむつもりでいる人もいるかと思います。ですが実際に会社をたたむ時には会社をたたもうと思っただけで可能かというとそういう事はないです。また会社をたたむ時には株式会社の場合は取締役等の執行部で会社をたたむ事を選んだ時は、まずは株主総会で解散の決議をする事になります。そして解散の決議をした時に法務局に解散した事を登記申請すれば会社をたたんだ事になるのかというとそうはならないです。...

企業が自社の資本金を増やす行為が「増資」です。増資には銀行からの借り入れや社債発行などを行わずに資金を調達できるというメリットがあります。増資で調達した資金であれば返済利息の負担が発生せず会社経営に及ぼす影響も少ないので長期的な安定経営に向いている資金調達法です。増資のやり方については法律により手続きが定められています。今回は、増資の方法や注意点などを紹介します。

始まりからいきなり減資と言いましたが、これが何のことかわかっていない人もいると思いますので軽く説明しておきましょう。減資とは、株式会社および有限会社が法律上の手続きにのっとて資本金の額を減少させることをいいます。ではなぜ資本金の額を減少させるために、法にのっとる必要があるのでしょうか。まず資本金の額とは会社が株主に対して配当などで分配できる金額を計算するための一要素でしかなく、株主から得られた金額...

会社を廃業させるときは「解散登記」をすることになります。この解散登記をすると営業もできなくなり、廃業の手続きをしているという形になります。この状態の会社を「清算会社」と呼びますが、これは清算をするという目的のために存続しているという状態になります。無事に清算が終わると次に「清算完了登記」を行います。この2つの登記を行い、手続きが完了すると会社は廃業となるので手続きは終了します。基本的にはこの2つの...

なんらかの理由で会社をたたむつもりでいる人もいるかと思います。ですが実際に会社をたたむ時には会社をたたもうと思っただけで可能かというとそういう事はないです。また会社をたたむ時には株式会社の場合は取締役等の執行部で会社をたたむ事を選んだ時はまずは株主総会で解散の決議をする事になります。そして解散の決議をした時に法務局に解散した事を登記申請すれば会社をたたんだ事になるのかというとそうはならないです。中...